英会話ならオーストラリアのワーキングホリデーでガッツリと!

英語を習得するには実際に英語が話されている国に滞在するのが最適な方法であることは周知の事実とも言えますが、留学するにはお金がかかるし、社会人になってしまったので、もう英語を習得する機会がないと諦めてしまう人は案外多いのではないでしょうか。そんな人の悩みを解決する方法のひとつとして、ワーキングホリデーという制度があります。 これは、若者を対象として、海外で働きながら語学の勉強ができるという、英会話の能力を伸ばしたいという人にはうってつけと言える制度です。現在日本は数か国の国と協定を結んでおり、12か月間の滞在が許可されており、滞在期間中は学校に通ったりアルバイトをすることが許可されています。そしてオーストラリアはその中でも人気の国となっています。

初めてでも安心!おすすめの都市

オーストラリアは、初めてワーキングホリデーに挑戦する人でも安心できる国です。しかし、住みやすい国といっても、都市によってそれぞれ特徴が異なります。そのため、その特徴を知っておくと働く都市を選ぶ際に悩まずに済みます。 まず、住みやすいことで有名な都市がメルボルンです。とても大きな都市で、カフェなどのお店も多く、留学する学生に人気のある都市です。しかし、バイトを見つけることが難しい傾向もあるので、働く場所として選ぶのであれば、よく調べてからにした方が良いです。 次にケアンズです。ケアンズは観光地として有名であり、観光客も多いです。そして、日本人の観光客が多いことが特徴なので、日本人が働きやすいバイト先を見つけやすいです。そのため、働く場所としてはとても適している都市です。 このように都市によって違いがあるので、自分に合った都市を選ぶことが大切です。

1年という滞在期間を有効に過ごすためには職種も大切

オーストラリアの魅力はそれだけではありません。大自然に囲まれているので国内にはたくさんの見どころがあります。ワーキングホリデーを成功させるためには、1年間という滞在期間中、最初の何ヶ月かは語学学校に通って英語のブラッシュアップを図り、慣れてきたらアルバイトをするなどしてお金を稼げば留学費用を安く抑えることができる上に、確実に英会話の能力を上げることができます。そのため、アルバイトはなるべく地元の人と話ができる機会があるような職種を選ぶことがポイントです。 職種では、例えばレストランなどの飲食系、販売員などを挙げることができます。このような職種であればお客さんと積極的に会話をすることができるので、英語力をしっかりと向上させることができる可能性が高いです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加