オーストラリアでのワーキングホリデーを成功させる

海外留学の方法は色々ありますが、ワーキングホリデーで語学を学び、且つ規定時間以内ならばアルバイトもできてしまうという留学の形は18歳から30歳までの若者の夢をかなえるのに一役買っています。中でもオーストラリアは人気の留学先となっています。
日本とあまり変わらない治安の良さは、初めての海外留学という人でも安心です。また、オーストラリア人の大変フレンドリーな気質というのも、どちらかといえば自分から話しかけることがあまり得意ではなくシャイとも言える日本人にとっては、積極性を引き出してくれるきっかけになるのではないでしょうか。フレンドリーな雰囲気の中で知らず知らず自分も開放的になることができるでしょう。

1年という留学期間を有効に使おう!

ワーキングホリデーには最長でも1年という期間が設けられています。ですからその1年間をどのように有意義に過ごすかによって、帰国後の自分の生活も変わってくると言っても過言ではないでしょう。語学というのはただ単に留学するだけで自動的に身に付くものではありません。せっかく現地で語学学校に通っても、いつも日本人同士でグループになり、日本語ばかり使っていたのでは英語は決して上達することはありません。本気で英語を習得するつもりならば、まずは出発前から自分なりに英語の勉強をしてみてはいかがでしょうか。
通学や通勤の移動時間に、英語のニュースを聞き流すだけでも出発までには耳が慣れてくるはずです。出発前に前もって英語を勉強することで、ゼロからのスタートではなく一歩先からスタートを切ることができます。

帰国の前の思い出づくりをしよう!

折角ワーキングホリデーにきたのだから、やはり実際に働いてみることは英会話の能力を磨く絶好のチャンスです。その際にもなるべくだったらあまり日本語を話す機会がないような、地元のカフェなどを探してみることをおススメします。ネイティブの英語や言い回しに最初は戸惑うかもしれませんが、きっと語学学校で学んだことを実践で活かせるはずです。そして何よりも自分の英語がネイティブに通じたということは、大きな喜びと共に自信にもつながります。
オーストラリアは大自然がたくさんある国でもあります。日本に帰国する前に、そんな大自然を思いっきり満喫するのもいいでしょう。旅先で体験することや、そこで出会ったいろいろな人との触れ合いで、英語力のみならず自分自身の見聞も大きく広げることが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加